プロフィール

名前 : 西島 幸宏/ にしじま ゆきひろ

生年月日 : 1981年1月16日

出身地 : 福岡

西島幸宏ブログ
https://ameblo.jp/ee992093/

幼い頃より、母が枕元で歌う子守唄【童謡・唱歌】に慣れ親しむ。
クラシック共演者との演奏活動にてカンツォーネ、シャンソン【叙情歌】を歌う中で、唱歌もまた、日本の古きよき時代の背景、風景、心情が見えることに改めて気付き、唱歌の素晴らしさを、同世代、若い世代へ語り継ぎたいと思うように なる。
また、福岡県で唯一、38年続く唱歌保存団体【糸島市日本唱歌保存愛唱会】にて、歌唱指導、合唱団の指揮を近年まで務めた。
いち歌い手としても、唱歌の素晴らしさを伝えるため介護施設、障害者施設、病院、幼稚園、小学校などでも公演も行う。
そして、【エルヴィス西島】としての、伝道師であるもうひとつの顔が存在する。
父が好んで聞いていたエルヴィスプレスリーにも幼い頃より慣れ親しむ。
キングオブロックンロールとして、知られる彼の、もうひとつの敬意を払うべきところである、
アメリカの民謡、アイルランド民謡、カンツォーネ、シャンソンなどの叙情歌(日本の唱歌と同様)を、
彼にしかないコスチュームを身にまとい、空手のアクションを交え、当時の時代の流行のサウンドでアレンジし、若い世代に語り継いだ経緯があり、西島の中にも大きく彼の偉業がルーツとして存在している。
また、8年前より始まった作詞家の湯川れい子氏を特別審査員とし、国内優勝者にはエルヴィスプレスリーの本家団体が主催するエルヴィストリビュートアーティス トアメリカ世界大会に出場できるという、【ジャパニーズエルヴィスを探せ!!日本大会】が存在し、 2016年に行われた大会に初出場で初優勝を飾った。
また、同年のアメリカ世界大会ではセミファイナリストにも残った。
2017年には、初のエルヴィストリビュートアジア10カ国大会が開催され3位入賞を果たした。
更に2018年に行われた同コンテスト国内大会にて優勝し、国内二冠を果たし、同年のアメリカ世界大会でもセミファイナリストにも残った。
近年の【ジャパニーズ・エルヴィス 西島】として、アメリカ、アジア圏で活動する中で、海外の文化に触れ、改めて日本の唱歌の素晴らしさを感じ、更に伝えたいと思い、日本一のエルヴィス・プレスリーがやってきた!! ~西島幸宏の世界~】と 題したコンサートでは、
1部にエルヴィス ステージ。2部には、唱歌、カンツォーネ、シャンソンなどの叙情歌などの古き良き音楽を再発掘し、素晴らしさを伝えている。
二つの局面を持つ西島幸宏。
エルヴィスのエレメントを生かし、風化されつつある、日本唱歌などの古き良き音楽の素晴らしさを再発掘し、当時を知る皆様に懐かしさと、あの感動を、そして元気を取り戻すお役立て、彼にしかないオリジナリティーを生かした楽曲を含め、若い世代にも語り継ぎたいと思う姿こそ、真の西島幸宏の姿であり、彼の今後の活動に期待したい。

■ 2016年 3月
エルヴィス プレスリー 全米デビュー60周年記念 イベント・ジャパニーズ エルヴィス オフィシャル トリビュート アーティスト コンテストにて、日本大会 『優勝』

■ 2016年 8月
アメリカ・テネシー州・メンフィスにて開催されたグレイスランド主催『 ザ・アルティメット・エルヴィス・プレスリー トリビュート アーティスト コンテスト 世界大会 』にてセミファイナル・ラウンド進出。

■ 2017年 8月
フィリピン・マカティにて開催された『 第一回 エルヴィス・プレスリー トリビュート アーティスト アジア 10カ国 国際大会 』にて第3位入賞。※(アジア10カ国とは、タイ、シンガポール、マレーシア、香港、ミャンマー、ブルネイ、インドネシア、フィリピン、オーストラリア、日本をさす。)エルヴィス・プレスリーの実の空手の師範マイク・ストーン氏、各国のスポンサー、テレビ局より高い評価を得た。

■2018年 1月
シンガポールにて行われたエルヴィス生誕祭にゲスト出演を果たす。

■2018年 4月
ジャパニーズ エルヴィス オフィシャル トリビュート アーティスト コンテストにて、日本大会『優勝』国内にて二冠を果たす。

【 他職業 】
・ 糸島市日本唱歌保存愛唱会 : 歌唱指導・指揮者として、過去に所属。

1. MKレストラン TV CM (サラリーマン役)

2. 晃栄住宅 TV CM (夫婦役)

Share: